Marilenaを利用してFlexで表示させた顔認識アプリのデモです。(Webカメラの接続されているパソコンであれば、画像をクリックして動作を確認できます。)

顔認識プログラムを使うと、カメラに写っている人の顔の位置を自動で認識し、その顔の上にリアルタイムに別のオブジェクトを表示したりできます。

これもデジタルサイネージなどに応用できます。

また、物理演算ライブラリと組み合わせると、画面上で顔認識した場所から次々と箱や円を作り出していく、ちょっとかわったユニークな動きを作り出せます。
こちらでサンプルをご覧頂けます